情熱のサンバ!カルナバレスコ 服飾戦略とは メディア実績 サービス メディアスタイリングお客様事例 ファッションプロデュサー・服飾戦略家しぎはらひろこ取材・執筆・講演 各種か問い合わせ ニュース トップページ












3ヶ月住んだリオデジャネイロ。
感動のリオのカーニバル。
しぎはらひろこのアーティスト魂が震撼しました!
日本に帰国し、ボランティアで
サンバチームの衣装デザインを開始しました!


輝くばかりの光の渦、体中を震撼させる音。
人々の魂の叫び。

この世のものとは思えない美のファンタジー。

日常のデザインの仕事とは、
まるで異なった制約のない
純粋なクリエーションの世界。

ブラジルの大地に
息づく様々な生き物達の生命力、
自然が作り出す 神々しいまでに、
完成されたデザイン・極彩色。

年に一度のカーニバルのために、
全てをかける、情熱!

鴫原 弘子[しぎはら ひろこ]プロフィール

ブラジルには、「カルナバレスコ」という、
カーニバルの総合プロデュースを専門とする職業があります。
テーマに添って数千人の衣装のデザインを創造し形にしていく、夢のような職業です。
いつか、本場リオデジャネイロで 、
リオのカーニバルの装デザインをできたらイイナ!と願っています。

毎年の、浅草サンバカーニバルに向けての衣装作りは、
デザイナーとして、モノづくりに対する、自身の中の原点と向き合う大切な時間。

鴫原 弘子[しぎはら ひろこ]プロフィール

浅草サンバカーニバルの衣装は、パレードのコンセプトを考え、
全体の衣装イメージを決めていきます。

その後、各パートごとの衣装デザインに入ります。
素材・カラースパンコール・パーツ、細部までこだわります。

サンバを始めたのは30歳の時。

翌年出産したひとり娘の
安珠とは、毎年出場しています。

娘とが小さな頃は、おそろいの衣装を作るのが、何よりの楽しみでした。
二人とも、浅草サンバカーニバルのパンフレットに載ったこともあります。

サンバは創作の喜びをかきたててくれる私のテーマでもあります。

オペラがテーマだった年は、貴婦人のドレスをサンバならではのセクシーで、ゴージャスなイメージにデザイン。



アラビアンナイトがテーマの年は金賞を獲得しました。

ある年は、オレンジをモチーフに、ティーン向けにフレッシュに!
フルーツをモチーフにした子供用のデザインママ達に大好評でした。


鴫原 弘子[しぎはら ひろこ]プロフィール

毎年の浅草サンバカーニバル参加には多くの費用が掛かります。

でも、年代や、職業を超えて、上下関係のない気さくで、熱いつき合いが出来るのもサンバのいいところ。

営業で、全国、いろいろな商店街に呼ばれ遠征しました。出番待ちの、楽屋でも大好きなサンバのためならその時間も楽しく過ごせます。

エスコーラ・サンバサウージは、TV・雑誌などからも大変お世話になりました。
1番の思い出は、エスコーラの代表として表彰祭に上がったことです。

また、「Boom」のアルバムのプロモーションでテレビCMに登場したこともあります。

ダンサー引退を引退したのは、40歳。
この年は、ママ仲間も大勢参加してくれました。

ポルタバンディラの衣装を「お姫様のドレスみたい」といって、とても気に入ってくれていた娘も高校1年生になり、デザイン画だけ渡せば、自分で衣装を作れるようになりました。デザインも自分達で考えるようになりました。

サンバとはレッスンを通して、磨かれたボディを最高に美しく魅せる衣装。
多くの女性たちに輝いて欲しいと思っています。 これからも大切に続けたい事のひとつです。

女性をもっとも美しく魅せるのはカーニバルかもしれません。

ページトップへ戻る
ファッションプロデュサー・服飾戦略家鴫原弘子について服飾戦略コンサルティング スタイリング流れ メディアスタイリング 選ばれる人たちの服飾戦略 ファッションプロデュサー しぎはらひろこのビジネスを加速させるメディア・スタイリング 情熱のサンバ!カルナバレスコ