ファッションプロデュサー・服飾戦略家しぎはらひろこの公式サイト MIST GRAY「すべての装いは。嘘のないメディアである」 服飾戦略とは メディア実績 サービス メディアスタイリングお客様事例 ファッションプロデュサー・服飾戦略家しぎはらひろこ取材・執筆・講演 各種か問い合わせ ニュース トップページ メディアスタイリング お客様事例
メディアスタイリング お客様事例メディアスタイリング 選ばれる人の服飾戦略

選ばれる人の服飾戦略 お客様の声

img_40

矢野香

スピーチコンサルタント 矢野香さん

その道のプロに任せる大切さを学びました。
鴫原さんに作っていただいたスタイリング姿のイメージ写真を出版に際し、帯写真で使用しました。今ではこの写真が私のアイコンとして認識されています。【ひと目で自分が何者か?を示すものがファッションである】と断言した鴫原さんの哲学を身に染みて実感しています。
続きを読む

tominaga痛み改善ドクター /ペインクリニック院長 富永喜代さん

本当に、洋服選びに迷わなくなりました。
たくさんあっても、自分が納得し似合わなければ、まったく意味がありません。 グッチのスーツを普通に着る自分が好きになりました。よく似合っていると思うようになりましたし、 普段着にも、気を配る余裕ができてきました。ちゃんと人には、それぞれ似合う服があり、しっかり内面が反映されてしまうということに気づきました。
続きを読む

ikeda 19.08.56ベストセラー作家 池田千恵さん

自分が着たい服だから、ではなく、 自分が相手にどう見られたいか、を 意識するようになりました。自分がどうありたいか、を意識して それにふさわしい服装を選ぶ、という視点で 物事を見ると、店員さんに無理に進められて 本意でないものを買うということもなくなりました。
続きを読む


nakasone2.52教育ジャーナリスト/書籍プランナー
中曽根 陽子さん


自分をより客観視できるようになり、プロとしての自覚が増した。 メディアで取り上げられることも多くなり、仕事の依頼先が変わった。より自分のしたい仕事をすることができるようになりました。
続きを読む


take19.17.50

大阪府 竹内 朝子 さん

コンサルティング中も多くの気づきがありましたが、本当の気づきは、その後、お洋服を装うようになってから、ギフトのように私自身へかえってきたことです。着ていることで、周りから自分が「こうありたい」と思っているイメージ(ブランディングして頂いたイメージ)で覚えてもらっていること。又、そのような印象で伝わっていることを実感しています。
続きを読む
















ページトップへ戻る